スペアキーを作るのに何が必要?

「袋に入れる鍵はありません!」と経験した人が多いと思います。
家の入り口の前。

時々あなたはバッグの底やポケットの中から見つけることができますが、どれくらい検索してもキーを見つけることはできません。

キーを紛失した場合は、予備のキーを作成する必要があります。

そこで今回は、スペアキーの作り方とその作成上の注意を詳しく紹介します。

ぜひ試してみてください。

スペアキーの製造はどこでお願いしますか?

あなたがあなたの鍵を紛失して見つけられない場合は、予備の鍵を作る必要があります。

次に、スペアキーの作成はどこで求められますか?

キー業者にスペアキーの作成を依頼することができます。

また、ホームセンターやショッピングセンターなどの施設に予備のキー作成サービスを提供する店舗があるようです。

しかし、あなたがあなたの鍵を紛失して家に入ることができない場合は、鍵を開く必要があるので、鍵機関に依頼しましょう。

スペアキーとテクニックを作る方法は、誰がそれを作るかによって異なります。

また、キーの種類によっては、予備のキーを作成するのが難しい場合もありますので、予めキーの形状と種類をあらかじめ教えておきましょう。

スペアキーを作るために必要なものを準備しましょう

キーの種類によっては、予備のキーを作るために準備する必要があります。

ディスクシリンダキーやピンシリンダーキーのようにギザギザのあるキーの場合は、身分証明書のみがあればスペアキーを作ることができます。

ただし、予備のキーと必要なアイテムの作成方法は、業者によって異なります。

身分証明書を必要としない業者がいるようですが、電話で確認することをお勧めします。

予備のキーを作るための注意事項

スペアキーを作成するときは注意が必要な場合もあります。

ここでは、スペアキーの作成に関する注意事項を紹介します。

いろいろな種類のキーもありますが、その中にはスペアキーを作ることが難しいものもあります。

それらの1つは「ディンプルシリンダキー」です。

ディンプルシリンダキーは、キーの表面に装飾された空洞を持つキーです。

ディンプルシリンダキーは、一般家庭で広く使用されているディスクシリンダキー等よりも、構造が複雑で防犯性が高い。

しかし、構造が複雑でスペアキーの製造が難しく、コストが高い。

また、ディンプルシリンダーキーは、スペアキーの作り方に特化しており、専用機が必要です。

したがって、最初にスペアキーの生産を受け入れていない業者がいるようです。

ホームキーがディンプルシリンダーキーの場合は、予備のキーを作成する前に応答できるかどうかを確認してみましょう。

[搾取なし]あなたはそれを自分で行うことができます!

予備のキーを作る方法

予備の鍵と予備の鍵は、それを要求する供給者または作成者によって異なりますが、予備の鍵は自分で作成できることをご存じですか?

基本的には、予備のキーを作成することはお勧めしません。なぜなら、キーの業者にそれを残すほうがよいからです。

緊急の手段として、または鍵の業者に余分な鍵を頼むことができないときは、それを覚えておきましょう。

【準備するもの】鍵本体

・缶詰の空缶

・作家

・セロハンテープ

・はさみ

【スペアキーの作り方】

1.ライターでキーを書く

2.セロハンテープに貼り付け、キーフォームを取る

3.準備された空の缶を金型でテープに沿って切り取る

4.完了した項目を確認する

このようにして、スペアキーは使い慣れたものを使用して作成できます。

しかし、それは単純なキーなので、長時間使用することはできません。

キー業者をリクエストできるようになるとすぐに予備のキーの作成をリクエストしましょう。

また、誰でも簡単にスペアキーを作ることはできますが、間違えても誤操作しないでください。

まとめ

時々私は自宅で私の鍵を失う。

キーを紛失した場合は、スペアキーの作成を依頼してください。

キー業者やホームセンターなどで予備のキーを作ることはできますが、家に入ることができない状況にある場合は、開業医に鍵を開くよう依頼してください。

スペアキーを作成するためにIDカードが必要な場合があります。

予防措置として、自宅の鍵がディンプルシリンダーキーの場合、スペアキーを作る方法が特別なので、費用が高くなる傾向があります。

また、いくつかの特殊な機械が必要なので、一部の業者はそれをまったく受け入れていません。

ディンプルシリンダーキーの製造を依頼する際には、それが対応するかどうかを事前に確認してください。

スペアキーは自分で作ることができますが、それは最後まで単純なキーなので、長い間使わないようにしましょう。

また、誤用してはいけません。

キーの製造元に、要求準備が整うとすぐに予備のキーを作成するように依頼しましょう。

主要な問題であれば、主要機関が何かを解決すべきである。

関連記事

ページの先頭へ